日本における賃借権

日本における賃借権とは

日本における賃借権について

賃借人が賃貸借契約に基づいて目的物を使用収益する権利のことを賃借権と言います。日本では賃貸借を意思表示の合致によって成立する諾成契約として規定している場合が多いですが、外国では一定の賃貸借契約については書面を要求する要式契約として規定していることが良く見受けられます。日本の民法においては、賃貸借の存続期間の最長期間を20年と定めています。賃貸借の例としては、賃貸マンションやレンタカーなど様々な物が挙げられます。

↑PAGE TOP