不動産に関する情報

不動産と相続の関係は

不動産投資で節税できるか

賃貸の敷地は貸家建付地となるので、更地の土地を相続するよりも相続税評価額が減額されるのをご存知ですか。平成15年からは贈与税額が2500万円まで無税となり、贈与時にかかる負担を軽くすることができるようになりました。生前贈与特例によって贈与税の税金対策になるので節税が可能になります。不動産投資をして、相続時精算課税制度をうまく利用すれば節税ができるのです。不動産を選ぶときには、目先のことだけではなく、相続時の税金の知識もある会社を選ぶと良いでしょう。

↑PAGE TOP